経営アドバイス・コーナー
お問合せ
震災
TKCコンテンツ
事務所概略
事務所名
東京GODO会計
税理士 多勢 陽一
所長名
多勢 陽一
所在地
東京都江東区亀戸
6-2-3田辺ビル6F
電話番号
 フリーダイヤル  0120-77-2514
FAX番号
03-3684-2740
Eメール
tase-yoichi@tkcnf.or.jp
業務内容
・パソコン会計による月次決算支援業務
・独立、開業支援業務
・経営相談に関する業務
東京GODO会計は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会 江東東支部所属

より良い相続のために

お話をお聞かせ下さい。よりよい「相続」と「想続」のために

 「関東大震災」「第二次世界大戦」「高度経済成長」「バブル崩壊」と大正、昭和、平成の激動の時代をくぐり抜け、現在がある。家族を想う心が財産を形成していることを考えれば、「相続」は財産の承継だけに留まらず、その想う心を次の世代に承継する「想続」でもあるはずです。
 私たちは家族を想う心を大切にした「相続」と「想続」のお手伝いができることを願っております。ぜひ、お話をお聞かせ下さい。
初回のご相談は無料で承っております。

STEP1 「想い」を承継する

 「円満な家族関係を継続してほしい」と誰しもそう願っているものの、「何も言わなくても子供達は解ってくれている」と想いを内に秘めたまま、というケースが少なくありません。家族や大切な人に伝えておきたいことを整理しておきましょう。「エンディングノート」と肩ひじを張らなくても自分の想いを自由に書き留めてみてはいかがでしょうか。懐かしい思い出とともにふとした気づきも与えてくれることでしょう。
 確実な形で自分の「想い」を承継するためには遺言や生前贈与を活用することになります。遺言や生前贈与を活用すれば無用な争いを回避し、ひいては「節税」対策にも繋がります。
どのような承継を望んでいるのか、お話をお聞かせ下さい。

STEP2  相続税が、かかるかどうかを知る

 円滑な相続のためには「遺産分割」「納税」「節税」がポイントになります。
まず、相続税が発生するか、否かを確認してみましょう。相続税の基礎控除は現行では5000万円+(1000万円×法定相続人数)です。例えば配偶者と子供二人が相続する場合、基礎控除は8000万円になります。相続財産が基礎控除以下であれば相続税はかかりません。
 相続財産が基礎控除以上で相続税が発生するケースでは「納税」「節税」を意識した「遺産分割」が必要になります。また、納税資金の確保もしなければなりません。

相続税のシュミレーションはこちら

STEP3 相続財産に不動産がある場合

 相続財産のうち居住用や事業用の土地がある場合、小規模宅地等の軽減特例が適用できる条件が整えば土地の評価額が大きく軽減されます。たとえば被相続人が所有し住んでいた居住用の土地については、相続した人が引き続き居住すれば240m²まで評価額が80%軽減されます。二次相続対策を含んだ「遺産分割」「節税」の提案をさせて頂きます。
 また、空地や駐車場になっている土地は相続税評価額が軽減されません。相続税の負担が大きくなる場合にはその活用を考える必要があります。

当事務所ではすべての業務につきまして御見積書を提示の上、業務を開始させて頂いております。見積りをご請求くださいませ。